【GoPro互換】GitUp Git1購入レビュー【中華アクションカメラ】

SplitShire / Pixabay

バイクのドラレコ利用目的で購入

バイク用のドライブレコーダーは高い上に種類が少ない。

最近のアクションカメラはループ録画機能があり、ドラレコとして十分使用できる。

ファームウェアアップグレード方法

ファームウェアアップの最終バージョンはv1.40。

下記を熟読して手順通りに実施する。

SDカードを挿入したカメラをPCにUSB接続してファームウェアを直下に設置してもアップグレードできないので注意。

手順通りSDカードリーダー等でSDカードの直下にファームウェアを設置し、カメラに挿入後、USB接続する。

緑のランプが点滅するのでしばらくほっといて、赤いランプが点灯したら完了。

YouTubeにある動画の通りになればOK。

サイドオープンハウジングケース購入

付属の防水ハウジングケースはそのままでは充電しながら使えないので穴が開いているケースを購入。

ステムホルダー上のマルチバーにバーマウント

デイトナ製マルチバーの上にGitUP Git1付属のバーマウントで取り付け。

映像

映像はYouTubeによくあるハンドルバーマウントで撮った動画より振動が少ない印象。

タンクマウントも考えていたが、十分実用範囲内なのでこのまま使用する予定。

動画ファイルはMOV形式で保存される。

720p60fps、ビットレートhigh、音量レベルmediumで10分あたり1.17GB。

720p60fps、ビットレートmedium、音量レベルmediumで10分あたり855MB。

32GBのSDカードでhighだと4時間程度、mediumだと6時間程度録画できる。

テスト動画

スポンサーリンク
PC