さくらVPS(CentOS)にSubsonicをインストール

FirmBee / Pixabay

さくらVPS(CentOS6)にメディアストリーミングサーバSubsonic6をインストールしてみた。

Subsonicのページ

設定の仕方

だいたいはこちらのページと同じなので割愛。

変更点

ffmpegのインストール

以前はRPMforge(http://rpmrepo.org/RPMforge)から取得できたが、2017年4月現在RPMforgeはお亡くなりなっているのでソースから入れるか他から取得する必要がある。

今回は下記のページを参考にffmpegをインストールした。

Nux Dextopリポジトリをインストール

rpm --import http://li.nux.ro/download/nux/RPM-GPG-KEY-nux.ro
rpm -Uvh http://li.nux.ro/download/nux/dextop/el6/x86_64/nux-dextop-release-0-2.el6.nux.noarch.rpm

ffmegのインストール

yum install -y ffmpeg ffmpeg-devel

Apacheのリバースプロキシ設定

設定ファイルを開く

vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

設定ファイルに下記を追記

<VirtualHost *:80>
  ServerName (ドメイン名)
  ProxyPass / http://localhost:4040/
  ProxyPassReverse / http://localhost:4040/
</VirtualHost>

Apacheを再起動

service httpd restart

これでブラウザから http://(ドメイン名)/ にアクセスするとSubsonicが表示される。

4040番ポートを開ける必要はない。

スマホ利用

iOSで無料アプリを探した結果、Substreamerを使うことにした。

概ね快適に使えている。

スマホAPIを30日以上継続使用するには月額$1かかるみたい。

完全無料なSubsonicクローンみたいなもの

Supersonic

完全無料だがver4.7ととんでもなく古い。古すぎてSubstreamerが動かない。

Libresonic

Subsonicから最近フォークした存在。インストールに手間がかかりそうなので今回はチャレンジしてない。

スポンサーリンク
PC